2013年11月06日

堺市の『基幹的広域防災拠点』て南海トラフ地震想定し、30機関が訓練

防災訓練で避難しました。階段で下まで降りるのは3月11日以来。防災訓練で避難しました。階段で下まで降りるのは3月11日以来。 / yto


堺市に『基幹的広域防災拠点』というのがあることを知りませんでした。^^;

msn産経ニュースの伝えるところによりますと、災害時に京阪神の救助活動の中心
として機能する堺市の「基幹的広域防災拠点」で、近畿地方整備局と堺市が5日、
南海トラフ巨大地震を想定した防災訓練を実施、大阪府、兵庫県、和歌山県、三重県
四日市市のほか、自衛隊や大阪府警など約30機関が参加、したとのことです。

正直、この『基幹的広域防災拠点』というのを初めて聞いたのですが、東京臨海広域
防災公園のサイト
の説明によりますと、
道府県単独では対応不可能な、広域あるいは甚大な被害に対し、国及び地方公共団体が協力して応急復旧活動を行うとともに、平常時には人々が憩う魅力的な都市空間として有効に利活用される防災活動の拠点です。

ということだそです。

その基幹的広域防災拠点が堺市の場合は、『堺泉北港堺2区基幹的広域防災拠点』
となるようです。(国交省資料PDFファイル

昨日5日は、『津波防災の日』(ハザードラボ)ということで各地で防災訓練が
行われたようですが、3日に神戸市がやっていた、”抜き打ち防災訓練”(NHK
ニュース
)は、なかなか画期的ではないかと思います。

訓練します、と言われてやる分には、全然緊張感もないし、ダラダラするだけ
のような気がします。(というか、自分がそうだっただけかもしれませんが。^^;)

堺市にそんな拠点があったのですね。覚えておきましょう。

【関連記事】

Google災害情報マップが見やすいと話題です。

ホントならすごいですが...土砂崩れモニタリングシステム開発 中国

想定...できる?...伊豆大島の土石流被害、国土交通省国土技術政策総合研究所の調査結果

防犯防災総合展in kansai 2013に行ってきました。









posted by ケイエフ at 09:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック