2013年11月08日

樹齢1000年の中尾の大スギ、再生へ。

SUGI / Cryptomeria japonica / 杉(すぎ)SUGI / Cryptomeria japonica / 杉(すぎ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)


樹齢1000年はすごいですね。

yomiuri on-lineによりますと、樹齢1000年とされ、2011年の新潟・福島豪雨の
影響で倒れた十日町市松之山中尾の「中尾の大スギ」が、同じ遺伝子を持つ苗木で同じ
場所で再生されることに、倒れた枝などから再生して育てた苗木を9日、植樹する、
そうです。

記事によりますと、このスギ、
中尾の大スギは1958年に県の天然記念物に指定され、幹回り約10メートル、高さ約30メートルあった。しかし、2011年3月の長野県北部地震で地盤が不安定となっていたところに7月の記録的豪雨が重なり、8月2日夜、根こそぎ倒れているのが確認された。

とのことです。

ここ数年、台風やゲリラ豪雨の多発など異常気象に見舞われている日本にあっては
こういった自然遺産とも言える樹木には、かなり過酷な環境となりそうですね。

昨日も、発達した低気圧が北日本で猛威を振るったようで突風や落雷による
被害が発生しているようですし...(FNNニュース)

なんとか守っていただきたいですが、なかなか厳しそうです。
うまく再生されるといいですね。

【関連記事】

ディアールマットの画像をアップしました。

他の緑化に使えないですかね...耐干ばつ対応な稲の開発に成功、日本

植物の猛暑対策で大気汚染が深刻化するでござる。

砂には砂を!?水をはじく砂で砂漠緑化 パナと京大

砂漠植物はどM?二酸化炭素増加で砂漠が緑化されているらしい。

違う所を緑化してほしい...中国近海で藻が大量発生









posted by ケイエフ at 09:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック