2013年11月11日

あらゆるものがネットにつながる...Bluetooth4.1規格、12月リリース

Bluetooth & WiFiBluetooth & WiFi / michperu


これはちょっと気になる話です。
お手持ちのスマホやデジタルオーディオなどに、Bluetoothという近距離通信規格が
入ってる方も多いかと思いますが、Modern Syntaxというサイトで紹介されていた
のですが、このBluetoothの規格がアップデートされ、12月に4.1になるそうです。

これで何が気になるかというと、記事によると、この規格が搭載されたモノは
直にネットにつなぐことが可能なんだとか。

記事で取り上げられている説明を引用させて戴くと、
Bluetooth 4.1規格では、新たにIPv6によるインターネットへの直接の通信をサポートする。これにより、従来のスマートフォンやPCのアプリケーションにあらかじめデータを転送し、そこからクラウドサービスに転送するといったステップを踏むことなく、ルーターを経由してデバイスが直接クラウドサービスにデータをアップロードできるようになる。

んだそうです。

さらに記事では、こんな記述を引用しています。
これによってIoT(Internet to Things)が実現し、新たなデバイスやサービスが生まれるとする。一例として土壌の水分などを管理し、直接クラウドサービスにそのデータをアップロード、農家はPCからでもスマートフォンからでも、クラウド経由でそのデータを参照でき、さらにスプリンクラーによる散水の制御も行なえるといった、これまでにないアプリケーションが誕生するだろうと述べた。


Bluetooth4.1が搭載された機器から直接クラウドにデータを送ることができると
なると、先日、当ブログでお伝えした、阪大とNexco西日本が開発した土砂災害
検知システムのような機器
が、安価に出来るようになるかもしれません。
しかも、Bluetoothのよいところは、低消費電力なのでガジェットの小型化も
可能となりますね。

これは期待です。

【関連記事】

高速道のり面の異常を検知するシステム、阪大とNEXCO西日本

ホントならすごいですが...土砂崩れモニタリングシステム開発 中国

信頼できそう...米海軍発の台風情報【JCWT】が見やすくてよい、らしい。

音声で安否をパケ送...キャリア間で「災害用音声お届けサービス」を相互利用開始

もしもの際の回線確保実証実験 アキバで実験中 国交省関東地方整備局








ラベル:通信 Bluetooth
posted by ケイエフ at 13:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック