2013年12月16日

ちょっと戦慄!...きのこは天候を操る能力があるらしい。

champignonschampignons / isamiga76


これはなかなかすごいですね。

カラパイアの伝えるところによりますと、米コネチカット州トリニティ・カレッジの
研究者が、キノコは天候をコントロールする素晴らしい能力を持つことをつきとめた、
そうです。

どういうことか、の詳細はなかなかおもしろいので、是非記事を読んで頂ければよいかと
思いますが、その仕組みを記事から引用させて戴くと、
トリニティ・カレッジのエミリー・ドレッサイル博士率いる研究チームは、フィルム式ハイスピードカメラと数理モデルを用い、ヒラタケとシイタケが水蒸気を放出し、周囲の空気を冷やして対流を生み出している様子を観測した。この水蒸気は胞子を空中に浮かべる小さな風を生み出すことになる。

ということだそうです。

なるほど...納得ですね。この研究者いわく、きのこは、気候を人工的に変動させる
という、ジオエンジニアリング(地球工学)技術を生まれながらにして持っている、
とコメントしています。

自らのチカラで次の世代を生み出し、生き残らせる戦略が遺伝子に組み込まれている、
というわけですね。これはすごい。

動物でもそういった不思議な、というか、緻密な計算が遺伝子レベルに組み込まれていたり
しますが、植物にもやっぱりあるんですね。

【関連記事】

これは楽しみ!土に埋めると野菜ができる包装紙

樹齢1000年の中尾の大スギ、再生へ。

【虫注意】アマゾンで発見された新種のバッタが想像以上に宇宙生物だったでござる。

他の緑化に使えないですかね...耐干ばつ対応な稲の開発に成功、日本

植物界にもニートが!?...花も咲かず、光合成もしない新種のラン 京大院 発見

【iOSアプリ】ついに日本版登場。写真を撮って送るだけで植物の名前が判る『植物判定』









posted by ケイエフ at 09:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック