2014年02月14日

災害事故防止にも今後役立つかも...情報共有から生まれる『道路気象』

Metropolitan ExpresswayMetropolitan Expressway / Dick Thomas Johnson


土砂災害などにも是非活用したい考え方ですね。

IRORIOで紹介されていた、『道路気象』という考え方がなかなかいいですね。

この考え方を推進しているのは、天気予報でお馴染みのウェザーニューズ社。
詳細は、「東京スマートドライバー」プロジェクトで、スマートドライバーズ
リサーチ というインタビュー記事
で紹介されているので、ご覧頂ければよいかと
思いますが車を運転してるヒトから情報を提供してもらって、レーダーでは解らない
道路の凍結状況や気象情報を集約して、よりリアルな情報を早期にユーザーに配信して
交通事故を防止しよう、という考え方のようです。

当然、これらの情報提供は、ユーザーの善意の上になりたっているわけで、記事にも
ありますが、”感謝のリサイクル”なわけですね。

交通事故もそうですが、最近は土砂災害やゲリラ豪雨による突発的な洪水なんかも
割りと身近な問題となってきているので、ナレッジマネジメントというか、情報の
共有を行うことで、事故に巻き込まれるのを防ぐ仕組みをうまく作ることが重要に
なってきますね。

まぁ、日本は”クレクレ君”も多いので、なかなかうまく機能しないかもしれませんが。
今後”道路気象”というキーワードを目にする機会が増えるかもしれません。

本日のような大雪のときには、こういう情報が非常に役立つでしょう。

上記の記事によると、ウェザーニューズ社の道路気象情報は、サービスエリアの
モニターなんかで見ることが出来るようですので、まだ見たことがない方は
今後注意して見てみるとよいかもしれません。

【関連記事】

ゲリラ豪雨対策の研究 ベルギーで 神戸大

信頼できそう...米海軍発の台風情報【JCWT】が見やすくてよい、らしい。

もはやどこで記録的豪雨になってもおかしくない状況 台風27号、週末本州接近の恐れ

もう詐欺とは言えない、豪雨増加の原因が地球温暖化であることを示す研究結果が発表される。

出発は夜間がお得...NEXCO西・中・東、夜間割引実施中。









posted by ケイエフ at 09:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック