2014年02月17日

線路の凍結防止策、『カンテラ』とはなんでしょう??





このところ、2週続けて全国的に大雪となっている日本ですが、そのせいで
鉄道が大幅に乱れたりしてますね。

ところで、線路の切り替えポイント凍結防止ってどうしてるか知ってます?
Wired.jpで紹介されていたのですが...答えはこれです。↓




『カンテラ』と言って、直接線路に火をつけちゃうんですね...初めてみました。
記事には、寒波が続くロードアイランドでのお話になっていますが、紹介されて
いた動画は、日本の鉄道のもの。日本でも同じスタイルなんですね...

寒波が襲ってきたときに問題が起こるのは、電車ではない。線路を走る電車に指令を出すスイッチ(分岐器)が凍ってしまうのだ。スイッチが機能しなくなると、路線全体が危険に晒される可能性がある。そこで、ロングアイランド鉄道では、スイッチの機能を維持するために、灯油や天然ガスを燃やすという、何世紀も前から続くやり方で、すべての電車が順調に運行できるようにしている。

だそうです。ほぉ...

さらに記事によりますと、北海道や東北地方等では防雪カヴァーをかぶせたり、
防雪シェルターで覆ったりしているが、融雪カンテラが設置される場合もある
そうです。現在でもカンテラスタイルは行われているようで、上記の動画は
今年の2月8日の京浜急行電鉄の神奈川新町車庫線踏切で撮影されたもの、だそうです。

へぇ....今度、どこかで大雪に出くわしたら注意してみてみるといいかも
しれませんね。ちょっとびっくり。

【関連記事】

クリスマスも近いですし...群馬県、大胡駅の駅のり面に3万個のイルミネーション

ナイスアイデア!ブックカバーになる文字の大きな時刻表、無料配布中 阪神電車

都市緑化の新しいスタイルになるか!?東急電鉄「乗ってタッチ みど*リンク」開始









posted by ケイエフ at 13:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック