2014年04月04日

木の年輪をレコードの溝に見立てて音を出してみたら...





なかなかアーティスティックですねぇ...
エンタメハウスで紹介されていた動画がなかなかのインパクトです。

木の年輪をカメラで読み取り、それを音に変換してレコードのようにプレイすると、なかなかアーティスティックなサウンドが出てきた、という映像。

YEARS from Bartholomäus Traubeck on Vimeo.



変換した音というのがピアノの音だったからじゃないのかな??
ギターとか、他の楽器の音あるいは周波数にしたらピアノではない音になるんじゃないのかね?
と思ったりするのですが...
それとも、読み取った音の周波数がピアノ系の音だったんでしょうか...

なかなかファンタジーな感じでよいですね。
しかし...レコードを知らないヒトも結構いるんじゃないかと...
そして、もうすぐCDすら知らない世代が出てくるかも...

【関連記事】

8月11日が祝日になるかも...山の日で、法案提出 自民党

『植物に知能はあるか?』というコラムが面白い。

老いてなお...古い大木のほうがCo2を大量に吸収するという研究が発表 米










ラベル:レコード 年輪
posted by ケイエフ at 13:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック