2014年04月16日

【公募】国土交通省と内閣府が防災アプリを一般募集、領土表示には注意が必要

Fujitsu ARROWS-V F-04E.Fujitsu ARROWS-V F-04E. / MIKI Yoshihito (´・ω・)


何かと細かい注意点が多そうですが...

IRORIOの伝えるところによりますと、国土交通省国土地理院、国土交通省水管理・国土保全局、内閣府防災担当が共同で防災アプリ製作の公募を行っているそうです。

詳細は国交省国土地理院のサイトでご確認頂ければよいかと思いますが、ざっくり記事より概要を引用させて頂きますと、

○応募資格は個人、グループ、法人のいずれも可(中学生以下の応募は保護者か監督者が必要)
○アプリはパソコン、タブレット、スマートフォン、携帯電話のいずれかで動作するもので、Webアプリ、Androidアプリ、iOSアプリ、Windowsストアアプリ、iアプリ、S!アプリ、Ezアプリのいずれか

○応募者が応募するアプリの知的財産権を有していること。

○必須条件として
 「取得した現在の端末の位置情報(GNSS・電子コンパスを基本とする)を利用」
 「容易に全国展開可能であること」

○推奨条件として
 「必要な情報は基本的に端末側に保存しておく」
 「端末位置を取得し、分布状況等を国土地理院が指定するサーバーへ別途規定する技術仕様に従い送信する機能を盛り込む」

○応募締め切り:4月30日
 中間成果受付:6月下旬、可能な場合にはデモンストレーションへの参加があり
 最終成果提出締切:9月中旬

○公募作品に対して賞や賞金などはないものの、10月中旬に優良アプリケーションの認定が行われる

○「地図表記について我が国の領土・主権に関する主張の方針と一致した表示がされるもの」


賞金は出ないけど、国の優良アプリ認定がもらえる、というのはどうかと思うのですが...^^;
こういう事業こそ、民間にお金を回すべく予算をとって賞金出すなり、契約して更新費用だすなりしないとダメなんじゃないですかね...

防災アプリもあちこちから出てるので、いっその事、出回ってるものの中で一番使いやすそうなもの、比較的カンタンに改良できそうなものを選んで改良するのが一番の近道だと思うのですが...

行政主導となるので、地図の国土の表記とか、色々注文は多そうですが...

折角公募しても、使い勝手が悪ければ利用されないでしょうし...
我こそは、と思う方、すでに防災アプリを開発されてる方、検討してみてはどうでしょ?
今月末までまだちょっと時間もあることですし...

【関連記事】

国交省、NETISの実施要項を改正

【アプリ】津波避難ビルが表示される!...防災情報アプリ【全国避難所ガイド】

【iosアプリ】使い方によっては安いか?...東京・横浜の古地図がスマホで見れる『時層地図』iPad版リリース。

ジオラマ作りが捗るかも...国土地理院、日本全国の3D地図公開。

災害時に役立ちそう...スマホ等通信回線混雑回避の新技術『pCell』を開発、スティーブ・パールマン








posted by ケイエフ at 09:44| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック