2014年04月18日

延焼のおそれで避難勧告 群馬県桐生市の山火事





確かにここ最近、やたら空気が乾燥してますからね...これ、原因は自然発火ですか??

TBS news i の伝えるところによりますと、群馬県桐生市の山林で発生した山火事が燃え広がる恐れがあり、隣の栃木県足利市は山のふもとの小俣地区の住民90人に対して、避難勧告を出した、とのことです。

記事によりますと、15日夜に足利市に隣接する群馬県桐生市の山林で見つけられたこの火事、現在も鎮火されておらず、足利市は、16日午後8時、延焼の恐れがあるとして、山のふもとの小俣地区の住民、40世帯90人を対象に避難勧告を出した、とのことです。

怖いですね...そして、この火事で山林を失うことになると今後梅雨のシーズンを迎える我が国としては土砂災害の危険性も高くなる、ということですね。

このところ、冬でもないのに、やたら唇が乾くなぁと思っていたのですが、全国的に空気が乾燥しているようで火災のニュースを目にすることが多いです。
今日は、幸か不幸か雨模様なので、この雨で鎮火が早まることを願うばかりです。

火の取扱いには十分注意しましょう。



【関連記事】

世界遺産 白神山地のブナが危ない、らしい。

土砂災害防止から雇用まで...間伐材でネコ砂開発 和歌山

ほぼリアルタイムに森林伐採状況がわかる地図【Global Forest Watch】

ほっとけば土砂災害も...大雪の森林被害調査急ぐ 栃木県








posted by ケイエフ at 10:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック