2014年04月23日

参加募集も...人工林過密で土砂災害危惧『矢作川森の診断』

忘憂森林
忘憂森林 / James CW Chang


林業離れの影響でしょうか...

環境gooニュースの伝えるところによりますと、長野、岐阜、愛知の3県を流れる矢作川流域の森林の状態を10年にわたって調べる「矢作川森の健康診断」がことし最終年を迎え、6月に締めくくりとなる調査が豊田市で実施される、そうです。

記事によりますと、この調査で流域の人工林の5割以上が間伐の行き届いていない「不健康」な状態であることが明らかになってきた、このまま放置しておけば地面まで光が届かないため下草が生えず、雨で土壌が流出しやすくなる、と危惧している、と記事は伝えています。

これから梅雨のシーズンに向かっていくわけで、今年の梅雨は乗り越えられるのでしょうか...
ここ数年、あちこちで土砂災害が多くなってきてますしね...
人工林ということは、人間が植えたものですか?では、お手入れもしないとダメですね。

この調査を行っている矢作川森の健康診断実行委員会では、来る6月10日(土)に最後の調査を行うとしており、参加者の募集も行っているそうです。(詳細は同委員会の公式サイトまたは、パンフレットPDFファイルでご確認ください。)

将来森林関係の仕事に着きたい方や近隣の方で森林に興味がある方は参加されてみてはどうでしょ?参加費500円で最寄り駅からの送迎バスを利用される場合は、別途1,000円必要ですが、参加可能なようです。

【関連記事】

土砂災害防止から雇用まで...間伐材でネコ砂開発 和歌山

世界遺産 白神山地のブナが危ない、らしい。

ほぼリアルタイムに森林伐採状況がわかる地図【Global Forest Watch】

ほっとけば土砂災害も...大雪の森林被害調査急ぐ 栃木県

合法木材って知ってますか?(2013)

海外の”与作コンペティション”がなかなかおもしろい。(2013)

ハイラレーンが四国の環境配慮製品に掲載されました。(2012)










posted by ケイエフ at 04:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック