2014年05月14日

色々用途が広がりそう...路面に敷き詰められるソーラーパネル開発中





これは、完成すれば、なかなかよいのではないですかね?

Wired.jpで紹介されていた『ソーラー道路』がなかなかいい感じです。
記事によりますと、このプロジェクト、米アイダホ州の夫婦が開発中のもので、Indiegogoで100万ドルのクラウドファンディング・キャンペーンを開始した、とのことです。

どんなソーラーパネルかと言いますと、六角形になっており、カーヴや勾配のある場所でも設置が簡単、また、熱を発するため、雪や氷を簡単に除去できる。内蔵LEDを使えば、路面に標識を表示するだけでなく、メッセージを見せることも可能、らしいです。

道路に敷き詰めるというからには、気にある耐荷重の問題ですが、記事によりますと路面への接着状態や衝撃耐性のテストが繰り返されたもので、約113トンの荷重に耐えられるようになったそうです。

日本の場合、大型トラックで荷物を積んだ状態でも25トンがマックスですか?(公益社団法人 全日本トラック協会 トラック早わかりより)
と考えると、色んな瞬間的にかかるチカラとかも考えても、大丈夫ではないでしょうか。

すでに、50,000ドルの民間助成金と、連邦高速道路局による2段階の資金調達プログラムから支援を受けている、そうです。

パネルの単価と施工コストがどれくらいになるのか、気になるところですが、公共部分の電気消費量低減や寒冷地法の融雪などに使えれば、かなりいいですね。

のり面にも使えるかしら...色々アイデアが広がりそうです。
今後の展開に期待ですね。

久しぶりに太陽光発電で期待したくなるような記事に出会った気がします^^;。


【関連記事】

エリアまるごと”パッシブハウス”がドイツで大人気、だそうです。(2013)

太陽光発電売電メーターは誰負担??(2013)

太陽光発電の邪魔、と防風林の松に除草剤 福岡(2013)

ちょっと嫌な予感が...再生エネルギー設備処分のルール検討、環境省(2013)

太っ腹すぎる特典...テスラのソーラー充電スタンド拡充計画(2013)








posted by ケイエフ at 09:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック