2014年05月16日

いろんな情報が見れる【安心地盤マップ】、地盤ネットが開設





ワンストップでいろんな情報が見れるのはいいですね。
SUUMOジャーナルの伝えるところによりますと、地盤調査の解析サービスを提供する地盤ネット株式会社が、「地盤安心マップ」なるサービスの提供を開始した、そうです。

記事によりますと、このサイトは、同社解析による地盤判定結果(地盤改良の要不要)に加え、標高マップ、旧版地形図、地形区分図、地質図、災害履歴、土砂災害危険箇所といった各種の地盤情報マップを、1つの地図情報システム上に集約したサイトで、Googleマップを使って各種情報を表示できるようになっているようです。

弊社のある堺市堺区北三国ケ丘町で情報を表示してみたのが上記の画像ですが、ブルーの点は、地盤改良工事不要箇所、赤い点が地盤改良必要箇所らしいので、概ね大丈夫なようですね。地形が砂礫台地となっているところが少々気になるところですが...





画面右上の表示切り替えボタンをクリックすると、チェックボックスがいくつか出てきて、ボックスにチェックをいれると各種の情報を地図上に重ね合わせることができます。
上記は、土砂災害危険箇所マップを重ね合わせたところです。(場所は柏原市あたり)

土砂災害危険箇所マップも色分けされてたりして、これは何を意味するんだろう?と思っていたら、右上表示切り替えメニューに『凡例』という文字があるので、それをクリックすると、表示の意味が出てきます。

ご自身のお住まいの地域や、これから引越されるような場合、その土地がどんな地盤なのか、どのあたりが土砂災害危険箇所なのか、という目安として使うには十分ですね。
一度ご覧になってみてはどうでしょ。

【関連記事】

ほとんどのヒトが知らないと思う...明日5月10日は【地質の日】

地盤沈下?老朽化?...橋の下のコンクリートのり面、陥没で小学生二人重軽傷

米シアトル郊外で大規模な土砂災害、24名死亡

世界の水没都市を体験できる『World Under Water』

国土地理院、災害時に備えて新たな地図記号発表

ジオラマ作りが捗るかも...国土地理院、日本全国の3D地図公開。

街中全部ジャングルになってしまえ!【Urban Jungle Street View】

ほぼリアルタイムに森林伐採状況がわかる地図【Global Forest Watch】

できるだけ正確な情報提供を...有志による豪雪被害マップが開設

それはちょっと困る...県指定土砂災害地図データ、15市町57警戒区域で誤り 岐阜









posted by ケイエフ at 09:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック