2014年05月19日

やはり足は第二の心臓??健脚な人は震災ストレスにも強かった

Running on a treadmillRunning on a treadmill / eccampbell


今日はちょっと違う切り口で。

IRORIOで紹介されていた話がちょっと興味深いですよ。
どんな話かと言うと、脚力が強いヒトは、震災ストレスにも強い、というお話です。

記事より少し引用させて頂きますと、

東北大学大学院医工学研究科の門間陽樹教授、永富良一教授らが2014年5月2日に発表した研究内容(PDFファイル)によると、災害発生前の身体の状態や生活習慣が、災害発生後の精神的ストレスと関連することが世界で初めて明らかになったという。

《中略》

分析の結果、男性については、震災前に脚伸展パワーが強かった人は震災後のストレスが少なく、毎日飲酒していたり抑うつ傾向だったりした人は、ストレス度合いが高いことが分かった。

女性は、抑うつ傾向にあった人、高血圧の人がストレスの程度が高くなるという関連が見られた。


『足は第二の心臓』とか、『健康な体づくりはふくらはぎを揉むこと』なんて言われていますが、これらは足の裏にいろんなツボが集中していたり、ふらはぎがポンプの役割をするので、血液の循環にかかせない、という部分から来ているわけですが、メンタルな部分にも大きく影響している、ということですね。

日本における自然災害の発生率と緊急性はどんどん高まっているので、先の震災に限らずいつ何時大きな災害が発生するやもしれません。

自然災害を止めることは出来ませんが、起こった後にご自身が強くあれば、再建は可能なわけです。
防災と言えば、避難方法であったり建物の補強であったり、事前情報の収集などがまっさきに頭に浮かびますが、メンタル面の防災も考えてみてはどうでしょ。

季節的にも、メンタルが弱ってしまう方が多い時期。
気候的には、非常に気持ちのいい季節ですし、梅雨が始まってしまう前に足を中心にちょっとしたトレーニングは初めてみてはどうでしょ。
(沖縄は梅雨がはじまっちゃってるので、ごめんなさい^^; 室内で...)

【関連記事】

【iosアプリ】悪いことばかりじゃない...科学的に証明された、不安を取り除く無料ゲームアプリ『Personal Zen』

怖っ!?脳動脈瘤が気圧の変化で破裂することも...『気象病』に注意(2013)

樹木の”のど乾いたぁ〜”がわかるようになる、らしい。(2013)

新しいかも...100日間の練習風景を披露するプロジェクト動画サイト【100】(2013)








posted by ケイエフ at 09:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック