2014年05月30日

今更感もありますが...地下水の使いすぎで断層地震が増える可能性 研究結果

063. Dig - Cover Graphic-1c063. Dig - Cover Graphic-1c / jeffmikels


まぁ、言われてみれば当たり前なんでしょうが...

Wired.jpの伝えるところによりますと、長期にわたって農業用に地下水が汲みあげられたことによって、カリフォルニア州サンアンドレアス断層における地震の発生頻度が高まっている可能性があるという研究が発表された、そうです。

詳細は、記事を読んで頂ければよいかと思いますが、膨大な量の地下水の重量によって抑えられていた地殻が、地下水を抜くことで、地盤隆起が起こり、地震が発生する頻度が増える、ということのようです。

地下水のとり過ぎで地震が増えるというのであれば、今世界で注目されているシェールガスも取り過ぎると、地震が増えるということになるのではないですかね?

ただ、地中にある液体様のものを取ることにより、その重量で抑えられていた地盤が地盤隆起を引き起こすのであれば、石油を獲りまくってるアラブな国はどうなんでしょうか...日本のようにプレートが重なったところにないから、大丈夫ってことなんですかね?

個人的にこの記事を読む前に思っていたのは、水脈があったところから水を抜いちゃうので、そこが空洞になり、空洞の上の地盤ががっさり落ちて地震が発生するのか、と思っていたので、真逆の方向からの研究結果だったのでちょっとびっくりです。

ただでさえ日本は地震大国なので、こういう研究は大事ですね。


【関連記事】

ほとんどのヒトが知らないと思う...明日5月10日は【地質の日】

地盤沈下?老朽化?...橋の下のコンクリートのり面、陥没で小学生二人重軽傷

災害専門組織、検討へ 政府

予知材料にはちょっと厳しいかも...地震前の謎の発光現象、ついに解明か








posted by ケイエフ at 09:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック