2014年07月01日

岐阜県が獣害対策テーマパークを開園

Food AddictionFood Addiction / Rennett Stowe


獣害関連続きですが、ちょっと見てみたいですね。

yahooニュース(日本農業新聞)の伝えるところによりますと、鳥獣害をどう防ぐか、を楽しく学べる「退散鳥獣・草園」が岐阜県郡上市に出現した、そうです。

記事によりますと、県が開発した鳥獣の侵入防止柵や防草シート、追い払い用のロケット花火発射器など、獣害対策資材を集め、体験もできるそうです。

同施設は、郡上市和良町宮地に開園し、町内の農家らでつくる宮地集落協定と和良夢づくり塾が運営、事前に申し込めば、体験と説明が1団体当たり1万5000円で受けられる、そうです。

1団体って、何人でもいいんですかね...
やり方うんぬんもありますが、どれくらいの効果を上げたか、どれくらいの手間がかかるのか、などが気になるところです。

昨日の記事でもお伝えしましたが、あちこち色んなところで被害が発生しているので、今後あちこちの対策技術が参考になるかもしれませんね。

ところで、イノシシやシカの地域性とかないんですかね?
同じ種類のシカでもその土地、土地で行動パターンが違うとか...

【関連記事】

けが人続出!注意...神戸でイノシシが暴走中らしい。

動物、大活躍!?...除草に、獣害対策に...動物系の話題2つ。

【おまけ】KENTEN2014と関西エクテリアフェアも行ってきました。

一石二鳥??獣害対策に立ち上がった『狩りガール』が活躍中らしい。

やはり処分しかないのか...一度捕獲した熊、同じ場所に戻る

新たな問題??...キタキツネ、放置シカ食べ、メタボへ...








posted by ケイエフ at 09:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック