2014年07月28日

これこそ本来のあり方か??獣害対策の斬新なアプローチ案とは...

howling_wolfhowling_wolf / Fool4myCanon


なるほど...壊れた生態系を元に戻してやればええやん、という話か。

msn産経NEWSに、『シカ激増で止まぬ森林荒廃 生態系守護にオオカミの出番だ』という記事があります。詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、非常に興味深いです。

ざっくり言うと、シカが増えすぎて森林を食い荒らして木を枯れさせてしまうので、シカの天敵となるオオカミの数を増やしてやればいいやん、という話です。

興味深いのは、
オオカミ効果は、捕食だけでなくストレスによるシカの繁殖率低下にもつながるようだ。

という。なるほど、オオカミがシカを捕食するだけでなく、オオカミがいるということがシカのストレスになり繁殖自体の低減にもつながるというわけですね。

それ、いいじゃないですか...しかし、記事には課題も指摘されています。
オオカミが人を襲わないか?外来種を入れることへの抵抗などがそれです。しかし、この課題に関しては問題ない、という理由づけができているようですが...

なかなかよい考えだとは思うのですが、獣害関係で言うと、シカやイノシシもありますがクマもありますよね?クマはシカとか食べないんですかね?

クマの被害で悩んでるところのクマを捕獲して、シカの被害が多いところに持っていくのはどうなんでしょうか?そんな単純な話ではないのですかね?^^;

深刻になる獣害対策のひとつのアプローチとしてはありかもしれませんね。
もともと日本にもオオカミがいたわけですから...

【関連記事】

獣害対策の足かせになる??...厚労省、「ジビエ」の衛生管理について指針策定へ

深刻化する獣害対策に、長野県がハンター養成学校 開設。

岐阜県が獣害対策テーマパークを開園

けが人続出!注意...神戸でイノシシが暴走中らしい。

動物、大活躍!?...除草に、獣害対策に...動物系の話題2つ。

一石二鳥??獣害対策に立ち上がった『狩りガール』が活躍中らしい。

生態系は難しいですね...外来種のコイが在来種のカエルを守っている、らしい。

業界団体、ピリピリ...キウイフルーツやニジマスが侵略的外来種リストの候補に

新たな問題??...キタキツネ、放置シカ食べ、メタボへ...









posted by ケイエフ at 09:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック