2014年08月01日

オプションは逆効果では!?...MITの学生、飲み過ぎ防止キューブを開発





まぁ、これが効果的に働く人は飲み過ぎたりしないような気もしますが...^^;

ISUTAというサイトで紹介されていたのですが、名門MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボで学ぶDhairya Dand氏が飲み過ぎ防止のキューブを開発したそうです。

記事によりますと、このキューブ、グラスに入れておくと、お酒の量と飲むペースを感知、危険度に合わせてLEDが緑⇒黄色⇒赤に変化するんだそうです。
すごいですね、飲むペースとか量を感知できるなんて...そして、それだけではなく、助けが必要と判断されたときは、自動的に友だちへメッセージが送られる、という機能が付いてるんだとか。
すごい...

ただもうひとつ、オプション機能が...音に合わせて光が点滅する、というパーティー機能も付いてるんだとか。
いやいや、飲み過ぎ防止のためのガジェットなのに、盛り上げてどうする??という感じですが...

すごいですね。将来的に実用化されれば、飲酒トラブルは減るかもしれませんね。
しかし、飲み過ぎちゃう人というのは、こんなもんでは収まらないかもですが...
ただ、助けが必要なときにメッセージを送ってくれるのはいいかもしれません。

Cheers - alcohol-aware glowing ice-cubes that beat to ambient music from Dhairya Dand on Vimeo.



【関連記事】

夏のさまざまな体調不良に『おクスリおやつ』がいい感じ!

これはすごい...指で書籍の文字をテキスト化、そして音声読み上げ、文字位置情報まで伝えてくれるデバイス【FingerReader】








posted by ケイエフ at 13:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック