2014年08月04日

これはいいかも!?ペットボトル不要で持ち運びできる”食べる水”





このスタイルはいいかもしれませんね。いろいろ活躍しそうです。

TABIKABOというサイトで紹介されていたのですが、ペットボトル不要で持ち運びでき、さらにそのまま食べれる”水”『Ooho!』なるものがあるそうです。

記事によりますと、これを作ったのはロンドンの3人の大学生で、記事によると製品かどうかはよく解らないですね。コンセプトデザインですか??

どういうものかというと、記事の説明を引用させていただくと、
海藻と塩化カルシウムでできたゼラチン状の物質に水が包み込まれており、このまま「食べる」ことができる。 見た目以上に丈夫なため、このままバッグに入れてもOK! 本当にペットボトルと同じ機能を持っているのだ。
しかも、とても重要なことだが、わずか2セントほどで生産可能で、コストパフォーマンスも優れている。

ほぉ...それはすごい。たったの2セントで出来ちゃうんですね。

ペットボトルはリサイクル可能ではありますが、やっぱ手間がかかったり、未だにポイ捨てしちゃう人もいますしね。

ほんとにかばんに入れても割れないレベルのものなら、いくつか入れておくといいですね。
さらにキャンプなんかに行くときもゴミを出さずに済みます。

どうやって加工するのか、分かりませんが、ポータブル製造機で製造可能なら、一家に一台って感じになりますね。

製品化に期待です。

【関連記事】

こういうの、是非実現してほしい、ペットボトルをTシャツにリサイクル装置【PETE】

もうあと2,3年でこうなりそう...ピザハットが近未来的ピザ注文コンセプト動画を公開

昼夜の気温差を利用して集水するデザインコンセプト【Hope Tree】

お隣の国で大絶賛のタイ発空気清浄機能付き自転車【Air Purifier Bike】








posted by ケイエフ at 12:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック