2014年08月06日

今度は木の上に別の木が生えてる木が...





先日一つの木に40種類の果実ができる木が米国にはある、とご紹介しましたが、今度は、とある木の上に別の種類の木が生えてる光景...世の中、不思議なことがありますね。

またまたIRORIOで紹介されていたのですが、ただ、前回の木とは違い今回のは天然もの。

記事によりますと、桑の木の上に桜の木が生えている光景がイタリアにある、と話題なんだとか。
この木は、通称「カゾルツォのダブルツリー」と呼ばれており、なぜこのような形の木が出来上がったのかは誰にも解らないそうです。

ただ、推測としては、「鳥が桜の木の種を桑の木の上に落とし、たまたまそこが凹んでいて土がたまっていたため育ったのだろう」と地元民が語っているそうです。
そして、特筆すべきは、寄生された桑の木も、寄生した桜の木も共に太くて大きくて元気である、そうです。

すごいですね。普通に成長してるそうなので、どっちが先に枯れるのかが気になるところです。
世の中には、色んなことがありますね。

【関連記事】

”岩盤緑化プロジェクト”京都で進む

老いてなお...古い大木のほうがCo2を大量に吸収するという研究が発表 米

【大阪】これは楽しそう!咲くやこの花館で『謎解き!?虫を食べる植物展』

ちゃんと育つんだろか? アメリカには40種類もの果物がなる木が存在するらしい。








posted by ケイエフ at 09:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック