2014年09月04日

外来魚の駆除とかに使えるのでは??ダム建設で遡上できなくなった鮭を助けるための鮭キャノンがすごい!





これはすごいな...魚も無傷で元気だそうです。

カラパイアで紹介されていた、”鮭キャノン砲”が結構強烈です。
記事によりますと、もともとはりんごを運ぶためのエアシューターだったそうですが、水力発電用のダムの運用と、そのダムが川に向かって遡上するサケの邪魔になる、という米ワシントン州の討議を見たWhoossh社が自社の技術に別の用途があると気づいて、5年の歳月をかけて開発したものだそうです。

まずは、動画をどうぞ。およそ3分です。



詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、すごいのは、スピードは時速24-35kmで調節も可能、チューブを通る魚達の体は摩擦を減らしてビュンビュン進むように霧で保湿される、そして、実験では魚が自主的にチューブに入っていくことが明らかになっているんだ、そうです。

日本では、最近外来種の魚が在来種を絶滅に追いやっているという話がありますが、このキャノン砲を使えば魚を傷つけずに外来種を駆除できるんじゃないですかね?環境保護団体からも文句を言われずに済みますし。

ちなみに、土や石などの搬送に、弊社は強力空気搬送機 ジェクターを取り扱っております。ジェクターで、魚は搬送できませんけど...^^;
動画をyoutubeにアップしてありますので、興味のある方はご覧ください。(実験1実験2

人間さまのせいで、鮭も苦労してるので、迷惑をかけた分なんとかしてあげないとね。^^;
ちなみに、米ワシントン州といえば、シアトルですね。ここは鮭が名産品らしく、以前訪れた時におみやげ屋産が一杯あったのを記憶しています。

そして、海沿いのマーケットプレイスでは、魚を投げて販売する魚屋さんが有名ですね。
なんでも投げたり飛ばしたりするのが好きですねぇ...

【関連記事】

これこそ本来のあり方か??獣害対策の斬新なアプローチ案とは...

生態系は難しいですね...外来種のコイが在来種のカエルを守っている、らしい。

業界団体、ピリピリ...キウイフルーツやニジマスが侵略的外来種リストの候補に

新たな問題??...キタキツネ、放置シカ食べ、メタボへ...

飼育も禁止!?...ミドリガメ、とりあえず輸入禁止へ








posted by ケイエフ at 09:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック