2014年10月01日

そんなことが出来るのね...英・林檎好きの男、1本の木に50種類のリンゴを実らせる。

Lotsa applesLotsa apples / randomduck


植物ってまだまだ不思議ですね...

以前、米で40種類の果物をひとつの木で出来ちゃう木というのがありましたが、こちらはリンゴばかり違う種類のリンゴがひとつの木で出来ちゃう木を作っちゃった男がいるようです。

カラパイアで紹介されていたのですが、そんなびっくり林檎樹を作ったのは、英国人のピーター・コラット氏。この木を作り上げるのに、30年もかかったそうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、この50種類もの林檎がなる樹の中には、希少種の林檎も含まれているそうです。

樹木ってそんな状態でも、ちゃんと育つんですね...すごいですね。
そして、食べきれなかったものや売り物にならなかったものは近所で飼育されているブタに餌として提供し、代わりにおいしいベーコンやソーセージをもらうんだとか。

なんか素朴でいいですね。
しかし、すごいですね...どんな仕組みになってるんでしょうか...

【関連記事】

場所とらなくてよいかも!酸素を生み出す人工葉の開発に成功

森を作りたい人にこんな助成金が...【花王・みんなの森づくり活動助成】

今度は木の上に別の木が生えてる木が...









ラベル:50種類 リンゴ
posted by ケイエフ at 13:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック