2014年10月22日

いいのか!?このネーミング...『マタギナルド』なる出店があるらしい。




ナイスなネーミングだけど...いいのか、これ?^^;

SUSTAINA PROJECTというサイトで紹介されてた、『マタギナルド』。
なんじゃそら??と思って覗いてみたら、伝統肉協会という団体が、10/11(土)〜13(月)に虎の門 『小屋展示場』で出店した、イノシシやシカの肉をパテに使ったバーガーを販売する出店ショップの名前らしい。^^;

某バーガーショップのパロディということは解るんですが、なんで”マタギ”?と思ってしまいますよね。はい、記事にちゃんとその説明もありました。
そして「マタギナルド」っていうネーミングが絶妙です。戦略的すぎます。
今後も「マタギナルド」の動向は要チェックですね。

ちなみに「マタギ」ってこういう意味だそうです。

マタギは、東北地方・北海道で古い方法を用いて集団で狩猟を行う者を指す。「狩猟を専業とする」ことがその定義とされる
マタギ|wikipedia

なるほど。某バーガーチェーン、先を越されましたね^^;。
某バーガーチェーンも減収で苦しんでるようなので、”マタギバーガー”出せば、話題独占で売上アップにつながるんじゃないですか?
獣害対策にもひと役買えることだし...

ちなみに、全国にご当地バーガーなんかがあるようですが、弊社のある堺市にも実はあるんですよ、”堺バーガー”なるものが...^^;
パテはなんと...ダチョウの肉、だそうです。
随分前にPouchに開発秘話が記事にされてましたね。気になる方はどうぞ。

あと、こんな記事を書いてたら、『ご当地バーガー図鑑』なるサイトを発見しました^^;。
ジャンクフーズ大好きっ子はチェケラっ!。

【関連記事】

獣害対策の足かせになる??...厚労省、「ジビエ」の衛生管理について指針策定へ

今度やってみよ!ハンバーガーを崩さず漏らさず食べる方法

【虫注意】食量自給率100%目指しましょうよ...NYでコロギバーガー販売開始

これぞ21世紀のジャンクフーズスタイル、包装紙ごと食べられるバーガー発売 ブラジル

えーと...エコで省エネなんですが...【Exhaust Burger】(2012)

岡山の企業が開発するリサイクルグルメ、それは...(2011)

おいしいの?ブラックバスバーガーを食べて外来種問題を考えよう 国連地球生きもの会議(2010)







posted by ケイエフ at 13:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック