2014年10月27日

そんなにあったの!?...違法造成地、3年以上放置は194件と判明...横浜





こんなにあるんですか?よその自治体さんは大丈夫ですか??

日本経済新聞社の伝えるところによりますと、台風18号による土砂崩れで1人が死亡した横浜市緑区の違法盛り土に対して、市が安全対策の指導を長期間怠っていた問題で、これまでに指導した243件のうち約8割の194件で、対応を3年以上放置していたことが2014年10月21日に明らかになった、そうです。

しかも、記事によりますと、是正指導をした243件のうち、最後に指導をしてから3年以上経過した案件が194件、2年以上3年未満が4件、1年以上2年未満が9件、1年未満が23件で、指導後に許可申請などが出されたのは13件だけだった、そうです。

対応のお粗末さもさることながら、こんなのが放置されてるのは怖いですね...
お住まいの裏に斜面等がありましたら、一度確認されたほうがよいのではないでしょうか...これは横浜の事例ではありますが、他の自治体は大丈夫でしょうか?

【関連記事】

防災連絡が防災にならず...HPアクセス集中で災害情報3時間見れず 横浜

温帯低気圧に変わった台風19号、日本縦断で各地被害...土砂災害防止法改正案決定も。

まさかの人災?...横浜緑区の土砂崩れ、違法盛り土と市の指導中断が一因?

横浜市『みどり税』継続に課題も...(2013)








posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック