2014年11月10日

これは参考になるかも!?東北農政局、予防視点で全国初の鳥獣害対策マニュアル作成




PDFファイルなんで、関係者は落として見てみてはどうでしょ?

yahooニュース(日本農業新聞)の伝えるところによりますと、東北農政局が、東北地域での鳥獣害を未然に食い止めようと「予防的鳥獣被害対策マニュアル」を全国で初めて作成した、とのことです。

記事によりますと、マニュアルは、野生動物の生息域の変化を地図で示した上で、被害拡大の恐れが強いイノシシと鹿の生態、見た目の特徴、足跡やふんなど痕跡の見つけ方を紹介してあるそうで、他地域での被害対策も紹介、されているんだとか。

獣害被害が拡大している昨今、対策するための予備知識は必要ですね。
丁度、冬眠前であちこちに食べ物を求めてクマやイノシシが出没してきているので、関係者は一度ご覧になっては如何でしょうか?東北農政局のサイトからPDFファイルでダウンロードできます。

実際に落としてみましたが、49ページからなるかなりしっかりしたものです。
図解と写真を使って、かなり解りやすくサル・イノシシ・シカの生態が記されています。


【関連記事】

獣害対策、本格化...和歌山では罠貸出、神戸では餌やりに最終、氏名公表も

いいのか!?このネーミング...『マタギナルド』なる出店があるらしい。

集中豪雨で思わぬ被害が...丹波豪雨で柵倒壊、農作物の獣害拡大

環境省、シカ、イノシシを指定管理鳥獣に

獣害対策絡みのニュースを3つ。

全国でクマ出没・目撃情報、多発...要注意。

獣害対策にも工夫が必要かも...熊は道具を使える、らしい。

これこそ本来のあり方か??獣害対策の斬新なアプローチ案とは...

獣害対策の足かせになる??...厚労省、「ジビエ」の衛生管理について指針策定へ








posted by ケイエフ at 09:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック