2014年11月21日

どうせなら楽しまないと...植物の子守を任された男の取った笑撃の方法





そもそも、赤の他人に”なまもの”を預けるというのがどうかと思ったりしますが、それでも親友や仲の良い友達なら断りづらいですよね。

どうせ面倒なことをやらざるを得ないなら楽しまないと...このアメリカ人の発想は大事ですね。^^;
IRORIOで紹介されていた、知人から植物のお守りを頼まれた、アメリカ、ジョージア州のIT企業に勤めるCreaminFreemanさんの行き過ぎたお世話が話題だそうです。

上記アイキャッチにいくつかまとめてみたのですが、記事にはもっと楽しい”お守り方法”が掲載されてるので、是非ご覧ください。

この手があるなと、ちょっとにんまりしてしまいました。
それでも、やはり”命”を預かるのは、可能な限り勘弁してほしいですけど...^^;

【関連記事】

環境省、侵略的外来種424種リスト、初めて作成へ

間伐森林事業で下層植生回復に成功 静岡

また増税!?...大阪府、森林環境税導入検討

そんなことが出来るのね...英・林檎好きの男、1本の木に50種類のリンゴを実らせる。

植物の老化遅延にも...ウォッカの知られざる7つの効能

間伐森林事業で下層植生回復に成功 静岡

動物、大活躍!?...除草に、獣害対策に...動物系の話題2つ。

ムカ着火ファイヤーかも!...もしもネコ人間がオフィスにいたら...








posted by ケイエフ at 09:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック