2014年12月11日

エレベーター業界についに革命か!?横移動できるエレベーターが2016に登場かも。




随分前からこんな話はありましたが、ついにリアルに市場に出るんですかね...というか、もうどっかで別ものが動いてたりする??

PC Watchの伝えるところによりますと、エレベーター製造などを手がける独ThyssenKruppは11月27日(現地時間)、縦方向だけでなく横方向にも移動可能な新機軸のエレベーター「MULTI」を2016年までに開発、テストを行なうと発表した、とのことです。

紹介動画がアップされていたので、まずはどうぞ。動画は2分半ほどです。



仕組みは、カゴの駆動にリニアモーターカーと同じ技術を用い、磁力で移動させると説明されており、ワイヤーでカゴを吊る必要がないそうです。

そしてこの新型エレベーターを利用すると、電車の環状線のように動くため、エレベーターの待ち時間を大幅に短縮でき、消費電力やエレベーター設置のための床面積も大幅に削減できる、そうです。

移動スピードなど詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、衝撃的なデータが記載されているので一部引用させて頂きますと、

・現在のエレベーターは、その誕生から約160年間、基本的な仕組みは変わっておらず...

・同社によると、ニューヨークのオフィスで働く全ての人が1年間にエレベーターを待つのに費やす累計時間は16.6年になり、5.9年間分乗る計算になるが...


傘並に仕組みが変わってないんですね...あと、高層ビルで働く人って、そんなにエレベーター待ちに時間使ってるんですね...って、この例え、ちょっとおかしくないですか?^^;
年間にひとりの人がエレベーター待ちに費やす時間の計算じゃないですね^^;。
すべての人の”累計時間”を示されても...

まぁそんなにセカセカすることもないですし、あまりセカセカ時間ばかり気にしてると、かえって精神衛生上よろしくないので、待つ時間を楽しむぐらいの余裕はほしいところですが、スムーズにエレベーターに乗れるようになるなら、それに越したことはないです。

横移動はさておき、ワイヤーで吊らないというなら、もしものときの二次災害防止策は何か施されているんでしょうか...そこが気になります。

あと、既存の建物でこれを導入するとかえって無理が出るんじゃないかと思ったりするのですが...

近い将来、エレベーターを待たなくてもよくなるかもしれませんね。期待。
個人的には、エレベーターより踏切をなんとかしてほしいですが...

【関連記事】

これは怖い...丹波豪雨跡、崩落恐れのある巨石、ワイヤーで固定へ

マニア必見...日本クレーン協会による『ディズニーシーのクレーンたち』







posted by ケイエフ at 13:17| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック