2015年01月21日

ドライバー必見!雪の中での車中泊は想像以上に過酷だ!という実験映像




割りと安易に考えてるドライバーも多いかと思いますが、これは見ておいたほうがいいかと思います。

ガジェット通信で、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が先日公開した『厳冬期の車中泊。寒さをしのぐ対策は?』という動画をご紹介、という記事を扱っています。

実験過程などの解説の詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、結論だけさらっと引用させていただくと、
・今回のテストでは、「寝袋」と「使い捨てカイロ」の仕様でなんとか一晩耐えることができた。
・エマージェンシーシートでは、十分な暖かさは得られなかった。通気性が無い分、汗をかいて冷えにつながった。
・毛布などの用意がなくエンジンをかけて暖房を使う場合は、一酸化炭素中毒の危険を考えて、頻繁な換気やマフラー周りの除雪が必要です。
・外より車内の方が温度は高いので、荒天時は無理に外に出ないで、車内で天候の回復や救援を待ちましょう。
※JAFホームページより引用

とのことです。

以前知り合いに仕事が終わったら、家に帰るのが面倒なので車を路肩に泊めて寝る、車中お泊りセットが用意してある、というジプシーのような『女性』が居ましたが、真冬のこのシーズンヘタしたら色んな意味で事故や災害に遭いかねません。ましてや外が雪なんて天候なら危険極まりないです。

雪が割りと降るような地域では、気象情報を事前にチェックし雪になりそうな場合は外出を控えるか、どうしても必要な場合は早め帰宅すること、もしもの際の緊急連絡手段など万全の準備をして外出するようにしましょう。

最後にJAFの実験動画を貼っておきます。



【関連記事】

最近ちょっと多いかも...水力発電所の屋根崩落、雪の重みか!?

大丈夫なの??...高台の斜面に家を建てる方法。建築タイムラプス!!

最悪...雪混じりで土砂崩れ、128世帯孤立 新潟

そろそろまとめ記事続々...気象予報士127人が選ぶ2014年お天気10大ニュースなど発表

雪のせい?...道路100m斜面ごと崩落 砺波市

法面工事用親綱 スーパーセーブロープの取り扱いを開始しました。

なんという透明感...スロバキアの凍った湖がまるでガラスのよう...

一部地域の人は知ってて損はない!某所では車検を格安に出来る、らしい。

これ、なーーーーんだ!?









posted by ケイエフ at 08:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック