2015年02月09日

職種の問題かしら!?...射水市、土木職社会人枠に応募ゼロ




魅力を感じない他の課題があるのでは...

中日新聞の伝えるところによりますと、富山県射水市の職員採用試験で、今年4月に採用を予定していた土木職の社会人枠の応募が初めてゼロになり、人事課の担当者は「将来的に市政に影響が出かねない」と頭を悩ませている、とのことです。

記事によると、市の担当者は「社会人枠に限らず技術職の応募が少なくて困っている。民間企業の好景気が影響しているのか、分からない」とコメントしてるようですが、民間企業の好景気は一部の大手であったり円安で儲かる企業での話であって全体的には日本の民間企業はそんなに潤ってないと思うのですが...

ミスマッチの問題もあるでしょうが、行政の社会人枠の募集を時々見かけますが、即戦力を求めながらも年齢制限とかあるのが個人的には不思議で仕方ないのですが...その業界でのそこそこの経験があり、意欲がある人材なら年齢関係ないと思うんですけどね...報酬とのミスマッチはあるでしょうけど。

運送業界も人手不足で悩んでるそうなので、どこに魅力を感じてもらえないのか、ちゃんとリサーチしたほうがよいのではないですかね。

【関連記事】

100%保証の指定業種に建設・土木工事を追加 経産省

触って遊べるもののほうがよいかも...文化祭で土木技術をPR 国交省北陸地方整備局など

ドボジョに狩りガールの次は...建設業界の働く女性の新キャラは『けんせつ小町』

神業!ユンボで手のひらサイズのボルトを積み上げるフィンランド人

【androidアプリ】マニアックやわ...作業者には楽しいかも、土木系ゲーマー御用達ゲーム『Tractor Crew』

土木関係者なら、楽しめるかも!SEGAの次世代砂場がすごい...

脅威の人力掘削...井戸の作り方 at mexico

イメージ戦略ですか...深谷市、土木・建築職の名称変更 『まちづくり技師』

絵心ある人はどうぞ!『土木の日』ポスター募集 

ちょっと面白い取り組みかも...県内の歴史的土木資産を紹介するサイト開設 岡山県

初めて聞いた...被災宅地危険度判定士を養成 水戸で講習会


(株)ケイエフの六角軸ビット





posted by ケイエフ at 08:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック