2015年04月20日

ほぉ...効果があったらしい...日本気象協会の新事業

魚肝豆腐, 老饕精選海鮮鍋, 樂烹鍋物, 上引水產, 三井餐飲事業, 台北魚肝豆腐, 老饕精選海鮮鍋, 樂烹鍋物, 上引水產, 三井餐飲事業, 台北 / bryan...


食品ロスを30%カットできたというのは、すごくないですか?

当ブログでも以前お伝えした日本気象協会のビッグデータ活用サービスが効果を上げていると、日刊アメーバニュースが伝えています。

記事によりますと、日本気象協会と連携した天気予報で物流を変える取組み、「需要予測の精度向上による食品ロス削減及び省エネ物流プロジェクト」の最終報告書が出され、その報告書によると、余剰生産している冷やし中華つゆや豆腐の生産量(食品ロス)を30〜40%削減できる可能性があるのがわかった、そうです。

これはすごいですね。
食品ロスを削減できるのもすごいですが、気象や温度、湿度関係のデータなら、ワインや日本酒、チーズやヨーグルトなんかにも活用できそうですね。

温度や湿度に影響されるようなものの余剰生産をしなくてよくなるので、もったいないを削減できるし、生産体制にも余裕をもたせられるのでよいかもしれません。

どれくらいの精度でこれを実現できるのか、もっと高い確率で余剰生産をカットできるのか、色々今後の利用方法を検討する指標となりそうです。

【関連記事】

NICT、災害ツイートから有用な情報を抽出できるシステム「DISAANA」試験公開

トレンドを押さえるなら、これでよくない?都道府県別に今何がトレンドか判る【Twittrend】

”もったいない”は大事やね...賞味期限ぎりぎりのものをお安く買える『kuradashi.jp』

ちょっと酷??...総務省が気象庁に勧告、気象予測の検証を...

有志が本気で動き出した??太陽神のあの男と気温の関係を調査してみた件

もはや神格化されたあの男のせいか!24日から気温上昇の兆し、土砂災害、雪崩に注意

気象協会、資源を大切にしてCo2排出削減に繋がる斬新なサービスを開始(2014)


(株)ケイエフ 色粉のページへ





posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック