2015年04月21日

昨日の雨の影響も注意...先週、雨と雪解けの影響で各地土砂災害

Storm and landslide damage, Stanley Park sea wallStorm and landslide damage, Stanley Park sea wall / Ruth and Dave

※イメージ画像by flikr


雨の影響があちこち出てるみたいですね。注意がしないと...

山形新聞の伝えるところによりますと、戸沢村古口の砂子沢(いさござわ)川沿いで、右岸側の斜面が幅約100メートル、高さ約90メートルにわたって崩落していたことが18日までに分かったそうです。
堆積した土砂が川の流れをせき止めて土砂ダムができ、長さ約900メートルにわたって水がたまっている状態だと、記事は続けています。

秋田県では...由利本荘市蟹沢の子吉川中流右岸のコンクリート護岸が幅約150メートルにわたって崩れた、雪解けが一気に進んだことと雨の影響が原因とさきがけ on the Webが伝えています。

そして、信毎Webの伝えるところによりますと、17日午前6時ごろ、長野市鬼無里日影の国道406号の西京橋付近で土砂が道をふさいでいる―と、通り掛かった地元の建設業者から県長野建設事務所に連絡があった、と伝えています。

記事に画像がありますが、がっつり道を塞いじゃってますね。道路脇ののり面が高さ約13メートル、幅約20メートルにわたって崩れているそうですが、けが人などの情報は入っていないと記事は伝えています。
こちらも雪解けによる泥水が発見されているようです。

そして静岡でも。
中日新聞の伝えるところによりますと、18日午後3時ごろ、袋井市高尾の県道で斜面の土砂が崩れ、道路の一部をふいだ。二次災害を防ぐため十九日午前零時現在、通行止めとなっている、けが人は出ていない、そうです。
こちらはのり面の上部で駐車場の工事中だったようですが...

昨日も激しい雨が降ったところが多いようなので、このシーズン、雪解けもあり注意が必要ですね。
山間部や斜面が近くにあるところにお住まいの方、工事をされる方、気象情報や地域の防災情報を十分チェックして災害に巻き込まれないようにしましょう。

このところ、工事しているところで掘った穴の横の斜面が崩れた、というニュースを割りと多く目にするので、工事をされる方は十分注意しましょう。

【関連記事】

土砂の水量指標で低コストで...高精度土砂災害検知システム開発 NEC

怖ぁぁぁぁぁぁぁ...米オハイオ州の高速道路の落石をご覧ください。

春の雨が影響...九州で土砂災害、宮崎はのり面補強の上部か...

作業者は用心しましょう...トンネル内工事で土砂災害 作業員死亡 宮古の復興工事

潮風の影響も...小田原で落石、岩手では土砂崩れ

これは怖い!崩れる斜面に飲み込まれる重機の映像



(株)ケイエフ コスト縮減型吹付法枠工 アールティーフレーム工法





posted by ケイエフ at 08:36| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック