2015年04月27日

オンラインで中継とかないのかな^^;...災害対策ロボのバーチャル競技会、開催 NEDO




どんなものか、ちゃんとイメージできてないからなんでしょうけど、バーチャルなら、オンライン上で操作してるところが見れるようにしてくれればいいのに、とか思ってしまいます。

yahooニュースの伝えるところによりますと、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2015年10月7日〜10日に、災害対策ロボットのバーチャル競技会「ジャパン・バーチャル・ロボティクス・チャレンジ(Japan Virtual Robotics Challenge:JVRC)」を開催すると発表、競技会は「CEATEC JAPAN 2015」(幕張メッセ)の会場内にて開催される、そうです。

記事によりますと、同イベントではNEDOが行っている災害対策ロボット開発プロジェクトの一環として行われるもので、プロジェクトで開発されているロボットまたは独自開発のロボットをコンピュータシミュレータ「Choreonoid」にて競わせる、優秀な成績を収めたソフトウェアについては実際のロボットに搭載し、2015年12月に開催される「2015 国際ロボット展」にて実演することも検討されている、と記事は続けています。

ほぉ...ソフトウェアのロボットを動かすなら、クラウド上に競技場を作って、どこからでも観覧できるようなシステムにしてほしいですね^^;。サーバの負荷が高すぎて無理??^^;

競技内容は、障害を取り除いたり、消火活動したり、と実際の災害を想定した課題にいかに迅速・正確に対処できるか、を競うようです。

チーム登録受け付けは2015年3月より開始されており、登録締め切りは同年5月11日だとか。詳細はイベントの本家サイトでどうぞ。

まだ間に合いそうですね。チャレンジしてみたい人は確認してみてはどうでしょ?

【関連記事】

1km先から無線操縦できる超遠隔災害対応建機ロボ開発 清水建設

きれいな部屋だろ?これで存在しないんだぜ...ゲームエンジンを使用して生み出された部屋がすごい。

【プロトタイプ】高齢化社会では必須になるかも...高齢者の腰を転倒から守るベルト式エアバッグ、ベルギーの会社が開発

吹付工の方もこれなら楽になる?スイスのベンチャー企業がウェアラブルチェアを開発(2014)

お盆休みだし、要注意! 介護ロボット投資詐欺、横行中(2014)

ちょっと怖い気も...東京消防庁の遠隔操作救出ロボがすごい、らしい。(2013)

トレンドは”おそうじロボ?”水不要自走式ソーラーパネル掃除機 開発(2013)

ついにヤツが現実のものに!?現場仕事で活躍しそうな【パワーローダー】開発中(2013)


(株)ケイエフ リモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法





posted by ケイエフ at 08:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック