2015年06月08日

肉を切らせて骨を打つ!的な戦法で生き残るすごい魚『キノボリウオ』なる魚がいるらしい。




こわぁ...(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
魚なのに、地を這い木に登り、食われたら捕食者をエラで窒息死させる、というエイリアンさながらな魚がオーストラリアを侵略しはじめているそうです。

カラパイアの伝えるところによりますと、この魚、アジア圏にもいる”キノボリウオ”という魚だそうですが、ニュージーランド界隈に生息する種は、アジアにいる種とは違い、捕食者を窒息させる技を持っているんだとか。

記事の説明によりますと、
その魚とは、パプアニューギニアで独自の進化を遂げたキノボリウオの一種である。ティラノサウルスには及ばないかもしれないが、キノボリウオはあえて捕食者に食べられることでその威力を発揮する。鳥や魚がキノボリウオを飲み込むと、エラが喉に引っ掛かって窒息させることができるのだ。


あえて食われるって...(T_T)
さらに、魚のくせに呼吸器官を有しているらしく、場合によっては数週間も陸上で生存することが可能なんだとか。

木に登る、という部分は少々眉唾もののようですが、こいつがニュージーランドからオーストラリアに侵入しているようで、オーストラリアンは戦々恐々なんだとか。
とは言っても、自分の意思で行ってるわけではなく、漁船の底に引っかかって連れていかれてる、という感じだそうですが...

世の中には色んな生き物がいますねぇ...

大した動画ではないですが、記事に動画があったので、貼っておきます。
10秒ほどです。



【関連記事】

環境省、侵略的外来種424種リスト、初めて作成へ(2014)

外来魚の駆除とかに使えるのでは??ダム建設で遡上できなくなった鮭を助けるための鮭キャノンがすごい!(2014)

これこそ本来のあり方か??獣害対策の斬新なアプローチ案とは...(2014)

生態系は難しいですね...外来種のコイが在来種のカエルを守っている、らしい。(2014)







posted by ケイエフ at 13:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック