2015年06月16日

梅雨の大雨で各地土砂災害続出...大分、熊本

北京 国安 大雨 球迷北京 国安 大雨 球迷 / 大杨

※イメージ画像

九州は連日集中豪雨状態で週末えらいことになってたようですね。
一部の地域では、避難勧告が出ていたようなので、早めの避難ができているかと思いますが...

yomiuri-onlineの伝えるところによりますと、大分県は11日午後7時までの24時間の雨量が、日田市前津江町の椿ヶ鼻で139・5ミリ、由布市湯布院町で123・5ミリを観測したそうで、大分市野津原の国道442号で、のり面が幅約4メートル、高さ約3メートルにわたって崩落した、そうです。けが人はなく、約2時間後に復旧、竹田市でも市道ののり面が崩れた、と記事は続けています。

また同じくyomiuri-onlineによりますと、熊本県でも11日大雨となったらしく12日に避難指示が出され、土砂崩れや浸水被害に見舞われた苓北町では住民らが自宅から泥をかき出すなど後片付けに追われた、とのことです。

記事によりますと、95歳男性宅では、自宅敷地は幅約30メートルにわたって崩落し、土砂が町道をふさいで通行できなくなった、「また雨が降れば、今度は自宅が崩れ落ちる危険性がある。町にはのり面にブルーシートをかぶせるなど早く対応してもらいたい」と心配そうに話していた、とのことです。

昨日お伝えしたように沖縄では早くも梅雨明けらしいですが、九州はがっつり梅雨前線の影響を受けてますね。
tenki.jpの今週の天気予報によりますと、
本州の南岸を低気圧が進みますので、九州から東北にかけての広い範囲で雨が降る見込みです。16日(火) 九州南部では再び雨の降る量が増えそうです。

ということなので、九州地方はまだまだ予断を許さない状況です。

今週は全国的にも曇りや雨が多くなりそうな予報なので注意が必要です。
山間部でお仕事をされる方、山間部にお住まいの方、近くに斜面がある方など、地域の防災情報や気象情報をこまめにチェックして災害に巻き込まれないようにしましょう。

【関連記事】

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その1

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その2

梅雨本番なのでご注意を...鹿児島で2ヶ所県道通行止め、九州南部で大雨

40年で崩れるか...淡路島、海岸沿いの別荘地が侵食により崩落続出

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2

石川県では一ヶ月も土砂災害の影響を受けてるところがあるらしい。








posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック