2015年06月23日

これはおもしろい。ストックホルムの空港にある行き先の天気を実感できる『Climate box』




ほぉ...これは面白いですね。
Gizmodo Japanで紹介されていたのですが、スウェーデンのストックホルム、アーランダ空港のターミナル5に、『Climate box』なる入り口が3つ付いた”箱”があるんだそうです。

この箱、これから行こうとしてる地域の気候を体感できるボックスになっているんだそうで、詳細な説明を記事より引用させて戴くと、
気象ポータルの入口は「HOT」「COLD」「BIG」と3つあり、それぞれに「熱い砂漠」「冬の寒さと凍てつく風」「大都市の鼓動」が感じられるようになっています。

ポータルはオンライン気象サービスから現在の他国の天気情報を得て、それらを内部のヒーターやエアコン、扇風機、ミスト発生器、音などで再現するしくみです。

だそうです。

行き先の気象状況が事前に体感できれば、着ていく服選びに困らないですね。
気象状況(雨とか風とか)を正確に再現できれば、登山なんかにも応用できるシステムになるんですけどね。

日本の空港もこういうサービスをやればよいのに...

動画があるので、どうぞ。動画は2分少々です。



【関連記事】

へぇ...え??沖縄、梅雨明け!?...たったの22日間...断水懸念

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1

梅雨時期なので屋内で擬似暴風雨体験いかが?国立科学博物館で『HERASEON』無料体験

数日以内に日本に黄砂が...中国北部で巨大砂嵐発生

文科省なの??...ゲリラ豪雨発生の予兆研究に着手

ちょっと酷??...総務省が気象庁に勧告、気象予測の検証を...







posted by ケイエフ at 13:19| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック