2015年07月03日

静岡でも土砂災害...林道で土砂崩れ、7世帯20人孤立 




うーむ、梅雨時期なので、地盤が緩くなるのは避けられないのですが...やはり多いですね、土砂崩れ。
画像を見る限り、そんなに大量の土砂という感じがしないのですが、ガードレールがひん曲がってますね。すごいチカラ...

静岡新聞newsの伝えるところによりますと、30日午前2時ごろ、川根本町千頭の林道寸又線で、道路脇の山肌が崩落し、土砂が幅約3メートルの同線とその下を走る寸又支線を約30メートルにわたってふさいだ、とのことです。

迂回(うかい)路がないため、現場周辺の池の谷地区内に住む7世帯20人が孤立状態になっている、けが人はない、と町が伝えていると記事は続けています。

現場は、斜面が高さ30メートル、幅20メートルにわたって崩れ、土砂撤去の作業にあたっているが復旧には3、4日かかる見込み、だとか。

記事によると孤立集落の世帯のライフライン的には問題ないようですが、心配ですね。まだまだ雨の季節なだけに...台風9号も来てることなので、早い復旧が望まれるところです。

山間部にお住まいの方は、もしもの際にどういうルートで脱出できるか確認しておく必要がありますね。

【関連記事】

二度あることは三度ある...石巻の岩山再び崩落...三重県でも土砂崩れ

梅雨の大雨で各地土砂災害続出...大分、熊本

小浜市の国道162号でコンクリート斜面崩落

昨日の雨の影響も注意...先週、雨と雪解けの影響で各地土砂災害

雨、雪解けによる土砂崩れ多発、各地で。


(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター





posted by ケイエフ at 08:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック