2015年07月07日

ある意味、旬なネタか^^;...でも、これあかんやろ、崖っぷちの家デザインmade by ギリシャ人建築グループ




ある意味旬なネタですね。^^;
ギリシャ人建築グループデザインの崖っぷちの家がGizmodo Japanで紹介されていました。

記事によると、ギリシャの建築家チームの作ったコンセプト「Casa Brutale」というデザインの家で、
デザインしたチームOpen Platform for Architecture(OPA)は、このお家をエーゲ海に面した崖を想定してデザインしました。
彼ら自身の言葉では「Casa Brutaleは人間と自然との調和のとれた共存を再定義する、純粋なブルータリズム(*)に対する詩的なオマージュ」なんだとか。

だそうです。

国がデフォルトになるかもしれないというのに、なんとも脳天気ですね^^;。
ま、それは置いておいて、先日当ブログでも紹介しましたとおり、海岸の崖は結構な勢いで侵食されて崩れ落ちてしまうそうなので、あまり現実的な建物とはいえないでしょうね。^^;

サイトにはさらに色々画像がアップされてるので、建築関係のお仕事の方はご覧になってみてはどうでしょ?

【関連記事】

40年で崩れるか...淡路島、海岸沿いの別荘地が侵食により崩落続出

【コンセプト・デザイン】用途を変えればアリかも!...ミクロ虫型ロボットが掃除する『MAB』

【コンセプト・デザイン】持ち運びは如何かと思うが災害時にはよさ気...『Camping Doughnut』

【コンセプト・デザイン】これがホントなら強力な防災グッズに...体温や太陽光だけで膨らむ”どこでも引きこもりグッズ”『Casa house』


(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン





posted by ケイエフ at 13:07| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック