2015年07月15日

安全確保は十分だったのでしょうか...のり面工事で作業員滑落、死亡 秋田



※イメージ画像

また痛ましい事故ですね。

さきがけon the webの伝えるところによりますと、10日午後2時半ごろ、秋田県上小阿仁村萩形の県道のり面で、土砂崩れなどの災害を防止するための補強工事をしていた57才の作業員が、岩場の斜面を約30メートル滑落、全身を強く打つなどして死亡した、とのことです。

ラス張りの作業中だったと記事は伝えていますが、安全対策は十分だったのでしょうか?
岩場の斜面だとかなりダメージ強そうですね。

この時期、豪雨や台風などの影響で地盤が緩くなってたりしますし、雨の後の作業現場は足場が悪くなってたりするので安全対策は万全にしておきたいところですね。

弊社では、傾斜面用安全帯や傾斜面用ロリップ、ハーネスなどのり面工事で作業員の皆様の安全を確保する各種のツールを取扱しておりますので、お気軽にお問合せください。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈り致します。

【関連記事】

今週末も不安...宮崎で一時、孤立集落化、千葉でも土砂崩れ

安全確認は大事...13年の矢島土砂崩れで作業員死亡事故の工事対応会社、工事長ら書類送検

( ̄□ ̄;)ナント!!...怖いな...落石がヒトに直撃する瞬間の映像

そんなにあるのか...老朽化下水道による道路陥没 全国で年間、約3500ヶ所

これ、中学生にもやれってか??...正しい自転車での追い越し方法がかなり無理ゲー(T_T)

おぉ!この瞬発力はすごい!衝突からわずか0.1秒!瞬間ヘルメットのウェアラブルエアバッグ

今年のGW、長野県、山岳遭難19件で死者4人 前年比4件増 滑落・落石絡む事故多く

現場と通じるクラウドサービス、続々 土木・建築業界


のり面作業の安全具は株式会社 ケイエフ





posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック