2015年08月06日

【閲覧注意】ネットで話題になったあのエイリアンっぽい”ヤツ”が大量繁殖している、らしい。




全部仲間かよ!....こわぁ...

※事前に申し上げておきますが、元ネタのリンクを含め、ここより出てくるリンク先には、かなり気持ちの悪い映像・画像が含まれておりますので、どうしてもミミズ系の虫を見たくないヒトは見ないほうがいいと思います。

ネットで話題になった、食指を吹き出して、まるで地球外生命体のような動きをするあの”虫”について、週プレNewsが取り上げています。

詳細は記事を読んでいただければよいですが、ざっくり、こいつの正体をピックアップしてみました。

・この気持ち悪い虫は、”リボンワーム”と言う名前(日本では”ヒモムシ”という。)

・ネットで話題になったミミズ色のやつ緑のヤツも仲間。

・台湾、韓国など、アジア圏で精力的に拡散中。

・長い舌のようなものは『吻(ふん)』と呼ばれ、獲物を捕らえる捕食器官。
 ナマコなんかも丸呑みしちゃうらしい。

・ヒモムシは20cmから30cmの大きさで、頭の部分は円筒状に近いが、体の後半部分にいくにつれて平たい。移動性が高く、主に砂や干潟の泥の中、海藻の間、岩の下に生息する。神経系毒素を吐き出してまひさせる方法で環形動物、甲殻類、軟体動物、魚類を次から次へと食べる。

・地球上の他の種の生物とはまったく違う、独自の進化を遂げた生物である。なので、ミミズとは別種。

・海中だけでなく陸上に生息。陸上タイプのほうが少々たちが悪いらしく、鉢植えの裏などに生息し、世界中に生息域を広げている。

・多少毒は持っているが、触るレベルでは人体にはさほど影響なし。かぶれたりすることはあるらしい。
 あと、種類によってはフグと同じテトロドトキシンを持つものがいるらしい。

・韓国で大発生しているヒモムシは未確認の新種のようで、まだ生態は調査中。

・地球温暖化で繁殖しまくったというよりは、気候によって適応場所に移動した、というのが学者の見解。


とまぁ、こんなヤツらしいです^^;。
ただ気持ち悪いだけならいいんですが(いやいや、よくないけど^^;)、このヒモムシ軍団が大量繁殖した場合、当然生態系のバランスが崩れること必至であり、海に生息するタイプは巻き貝なんかも食べるようなので、漁業への影響も出てきそうです。

そして、土にいるタイプのヤツが、大量繁殖しようものんら、植物への影響も出てくるかもしれませんね。
なんか、未知の生命体の恐怖がじわじわ進んでいるような...怖い、こわい。

【関連記事】

マッドサイエンス!?ではないのか?...レーザーで侵入する蚊を撃ち落とす『Photonic Fence』

知らなんだ...緑化、食育に、四天王寺で養蜂

肉を切らせて骨を打つ!的な戦法で生き残るすごい魚『キノボリウオ』なる魚がいるらしい。

砂漠の拡大防止の鍵はシロアリ...米研究


(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン





posted by ケイエフ at 08:42| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック