2015年08月19日

欧州はアクション早いな...英で”充電道路”実験が始まる、らしい。




先日、スイスの郵便局がドローンで郵便配達の実証実験をはじめる、というニュースを取り上げましたがイギリスで、走るだけでEV車の充電ができちゃう道路の実証実験をはじめる、というニュースが流れているようです。

この記事を伝えているのは、techable.jpで記事によりますと、この夢のような道路に使われる技術は、Dynamic Wireless Power Transfer (DWPT)”と題された、イギリス政府主導で開発中の新しい技術なんだそうです。

仕組みとして、
自動車側にはワイヤレステクノロジーを搭載し、充電設備を備えた道路上を走行することで、絶えずチャージができるとのこと。


なんか、すごい簡単に説明されてますが、そんな簡単に出来るんですかね...18ヶ月のトライアルを経た後、イギリス国内の高速道路と国道で、この新しい技術がきちんと問題なく機能するか設置実験も行われる予定、なんだとか。

技術の詳細がよくわからないですが、誰もが実現してほしいと思っていることが早くも実現するかもしれないわけですね...ただ日本では車離れが叫ばれて久しく、EV車の普及も進んでいるようにも思えないので、いかがなもんでしょ?

しかし、これって、どの時点で充電の請求されるんでしょうか?
先現金チャージスタイルになるんでしょうか...クレカ決済とかだと、翌月の請求がとんでもないことになってそうですが^^;。

続報に期待です。

【関連記事】

耐久性とか気になるが...オランダでプラスチックロードコンセプト進行中

サービス開始スタートは密林でもピザ屋でもなくスイスの郵便局!?かもしれない、件

知らなんだ...高速の降り口を間違えたら追加料金不要で目的地まで戻れる『特別転回』

これはすごい!沈下したコンクリを高密度ポリウレタンフォームで押し上げる【PolyLEVEL】

土砂の水量指標で低コストで...高精度土砂災害検知システム開発 NEC

どれくらいの重さ、大丈夫なんだろ...有志がドローン使って島への荷物運搬に成功


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップのページへ





posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック