2015年08月24日

こんな方法もあるのね...静岡県と湖西市、急傾斜削り『命山』で災害対策検討



※画像は『名古屋市政ウォッチ FC2 』というサイトからキャプチャさせていただきました。
 イメージ画像です。


持ち主が民間だからできるのか...

静岡新聞ニュースの伝えるところによりますと、静岡県と湖西市が、急傾斜で崩落の恐れがある同市新居町の上田町地区にある山の上部を削り、命山にする計画を進めている、とのことです。

『命山』ってなんじゃらほい??と思って検索してみると、ハザードラボに説明がありました。
引用させていただくと、
命山(いのちやま)とは、台風による高潮や津波、洪水で地域が浸水したときに、住民が緊急避難するためにつくられた人工高台を言う。

とのことです。

静岡新聞ニュースの記事に図解がありますが、山の上部をまるっと削って、災害時にそこに住民が避難できるような高台を作る、というイメージです。

こんな簡単に山を削っちゃってよいのかしら...と思ってよくよく記事を読んでみると、
この山は同地区の寺の所有地で海抜約30メートル。周囲に幼稚園と民家11戸が接し、急傾斜地崩壊危険区域に指定されている。...(中略)...地元自治会は市に「命山として整備して」との要望書を出し、寺も土地の寄付を申し出ていた。

というわけで、民間人の持ち物なのですね。

今回の計画では、
約4万立方メートルの残土は、市内の別の2カ所に整備予定の命山の造成で活用する。崖崩れ対策と津波対策、造成用土の確保が図れる“一石三鳥”の計画。

といいコトづくめのようです。

イメージ的には、結構なお金がかかりそうですが、下手な構造物よりは安全に避難できそうですね。ほかにこういうことをしてる事例はないのかしら??
(上記アイキャッチで使用させて頂いたサイトによると、袋井市というところでやってるようですが...)

命山ってはじめて聞いたんですが、江戸時代からある手法とハザードラボの記事に書かれてますね。

【関連記事】

登山者は注意を...落石に巻き込まれ24歳女性滑落死、北アルプス

安全に落石する可能性をチェック...鉄道総研、レーザーとドローン用いた危険度評価システム開発

人生で一番高いお買い物だしね...土砂災害リスクを知るDB、不動産情報から集約システム試験導入 国交省

平成27年 全国法面防災協会、技術研修会を開催しました。

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その2

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その1

スラッシュ雪崩ってなんじゃい!?...富士山でスラッシュ雪崩観測 砂防事務所


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠工 アールティーフレーム工法





posted by ケイエフ at 08:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック