2015年09月15日

お調子者さんは要注意!洪水後に流行する感染症『レプトスピラ症』に注意





先日の関東以北を襲った大雨洪水はトラウマ級の恐怖だったわけですが、そんな大雨で洪水状態になったときに調子ぶっこいて大水の中で遊んで、Twitterやブログに画像をアップしてる方がいらっしゃいますね。
しかし、実は怖い病気にかかる危険性をはらんでいるようです。

tokanaで紹介されていたのですが、不衛生な水に触れることによる感染症のリスクがあり、中でもワイル病、秋疫(あきやみ)、用水病とも呼ばれる「レプトスピラ症」に感染するリスクがあるそうです。

この病気、どんな症状がでるかと言うと、記事より引用させていただくと、
病原体はドブネズミなどの動物の尿中に存在し、汚水を介して傷口・経口感染する。潜伏期間は5〜14日間。発症すると頭痛・高熱・結膜の充血など風邪に似た症状を示すが、重症化すると肝臓や腎臓障害を伴い、エボラ出血熱レベルの全身出血を引き起こし、死に至ることもある。


ちょっとした傷ぐらいなら、人間、指先とかあちことにありますよね。
しかも、底の見えないような汚水の中なら歩いてるだけで何かにぶつかって傷つくこともあるでしょうし...

さらに記事には重症化したときの症状の画像がありますが、ゾンビのように充血した目になるそうです。
見てるだけでも痛々しいです。(T_T)

日本は公衆衛生もかなり高いレベルなんで、そんな感染症なんてかからんやろう?と思っていたら、油断できないようです。記事になかなか衝撃的なニュースが...
実は今から3年前、2012年7月に九州北部を襲った豪雨のあと、国立感染症研究所は「被災地で最も注意すべき感染症」として、この「レプトスピラ症」を挙げて警告しているのだ。


全然発生しうる病気というわけです。
最近はネットの発達で、”バカッター”と言われるような人たちがいらっしゃいますが、ちょっと調子に乗ったばっかりにいらぬ病気になっていてはもともこもありません。

こういった病気になる可能性がある、ということを充分認識しておきましょう。

【関連記事】

Σ(`Д´ )マジ!?か...リンゴを洗って食べるイノシシが目撃される スイス

シカ肉、結構怖い...ジビエ肉に寄生虫、高確率で感染

こんな方法もあるのね...静岡県と湖西市、急傾斜削り『命山』で災害対策検討

獣害はこんなところにも...話題のMERSより怖いSFTS、という感染症をすでに国が懸念してる件








posted by ケイエフ at 13:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック