2015年10月01日

色々参考になるかも...画像意匠公報検索支援ツール(Graphic Image Park)を経産省が開設




”サノってんじゃねぇよ!”と言われないためにも...^^;

経産省のプレスリリースによりますと、本日、平成27年10月1日より、イメージマッチング技術を利用した画像意匠公報検索支援ツール(Graphic Image Park)のサービス提供を開始した、そうです。

同リリースによりますと、このサービスは、
この支援ツールにより、我が国で意匠登録になった操作画像等の様々な画像のデザインを、利用者が任意に指定した形状や色彩の要素と近い順に並べ替え、効率的に照会することが可能となります。

(中略)
意匠登録になった画像のデザインを意図せず使用することがないよう、権利調査の負担を軽減するための施策が求められています(平成26年2月開催 産業構造審議会知的財産分科会)。

そこで、利用者が画像を入力するだけで、我が国で意匠登録になった画像のデザインについて効率的に調査できる支援ツールを開発し、WEBでのサービス提供を開始します。

ということです。

東京五輪のロゴデザイン問題を受けてのことでしょうが、まだまだ我が国でも人さまが一生懸命考えて作ったものを何の躊躇もなくマネたり、そのものを利用したりする残念なケースが見受けられますからね。

それとは別にほんとに知らなかった、というケースも勿論あるでしょう。しかし、自分で作ったものを表に出す前に、こういったサイトで無料でチェックできるのはよいですね。

実際に使ってみたのですが、なかなか興味深いですよ。




上記はネットでよく見かける誰かが勝手にデザインした東京五輪のデザインですが、これを上記のサイトに突っ込んでみると...




こんな感じで結果がでます。おぉ...これは楽しい。

デザインしたりしないヒトも色々突っ込んで遊んでみてはどうでしょ? 色んな物が見えてくるかもしれません。

【関連記事】

経産省が公的にトイレットペーパー備蓄を切に勧める理由

ものづくりの参考になるかも...8月に「現代建築模型博物館」なる博物館ができる、らしい。

話題の新国立競技が盛大に大喜利にされている件

こういうサービスいいですよね...好きな画像からオンライン上で服のデザインができる『CONSTRVCT』







posted by ケイエフ at 13:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック