2015年10月23日

日本はどれくらいだろ?...アメリカでは二日酔いが30兆円の損失を引き出している、らしい。

my drunk catmy drunk cat / Ibrahim Owais


ま、人口も多いですからね。にしても、すごいな...オランダの国家予算に匹敵する額ですよ、30兆円って^^;。
※参考:世界ランキング統計局 2012年のデータ

がらくたGalleryの伝えるところによりますと、米国疾病管理予防センター(CDC)の報告で、過度の飲酒により翌日の職場の生産性や健康問題がアメリカ経済に与えた損失は年間2490億ドル(約30兆円!)になるんだとか。

記事にはその詳細な内訳というか、中身が記されていますが、引用させて頂くと、

ちなみにこの報告は2010年の数値を計算したもので、アメリカ人の不摂生な飲酒ー一般的に男性の場合は5杯以上のアルコール、女性の場合は4杯以上ーから引き起こされる様々な弊害は職場の長期的な欠席、生産性の低下、自動車事故、火事、物的損害や死亡事故の原因となっており、こうした損害は政府がかぶる損失の77%を占めているのだそうです


なるほど...でもって、2006年から2010年にかけて急激に増加しており、激しい景気の悪化を受けて、過度に飲酒費用が増大したことが関係している、と記事は続けています。
これもリーマンショックの影響ってことですかね。

日本でも、あれだけアカンというのに飲酒運転で事故を起こしたり、傷害事件になっていたり、色々問題を引き起こしニュースになっている飲酒。しかし、どっちかというと日本では喫煙のほうが激しくバッシングを受け、課税されたりして問題視されてますよね。

この数字を見ると、やはり飲酒のほうを問題視すべきなのではと思ってしまいます。

気候的に行楽シーズンの日本、そして、明日は週末...日頃のストレス発散にお酒を飲むのも結構ですが、自己管理できる程度に、ほどほどにしておきましょう。

【関連記事】

カギを握った瞬間から不幸の糸がつながっている...カナダの飲酒運転撲滅CMが秀逸

動物だって酔っ払う...天然果実で泥酔する動物たちの映像

科学のチカラで反撃だ!立ち○ョンにナノテク報復はじまる ハンブルグ








posted by ケイエフ at 13:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック