2015年11月27日

この時期だから必要...話題の18円切手を知っているか!




知らなかった...もうあと1日早く知っていれば...
皆様は”18円切手”というのをご存知ですか?ま、切手なんでいろんな種類があるでしょうけど、国内宛のはがきは52円、定形封書は82円ですよね?...では18円切手はいつ使う?

今この”18円切手”が世の中で話題だ、とクレイジーで紹介されています。
そして、なぜ今この時期なのか?...そう、年賀状です。
ん?年賀状って普通に52円やん...

実は海外宛にはがきを出す場合、送料(送料って言い方でいいのか?)は70円。
そうなんです、年賀はがき(52円)に18円の差額を足せば、普通に年賀はがきを海外に送れてしまうのです。

そこで”18円切手”が活躍するんですね。(^^)
しかも、この18円切手、年末年始にしか発売されません。
その希少価値とイラストの可愛さから、特に使う予定がなくても18円切手を買う人が続出してるんだとか...

海外へのグリーティングカードを想定してのデザインになっているそうで、今年は上記のようにラーメンとスキヤキ。

今年の18円切手は、2015年10月29日〜2016年1月29日までの限定販売。発行部数は400万枚(40万シート)です。よく海外にハガキを出す人は、この機会に18円切手をゲットしておくと便利かもしれません。値段は1シート180円なので、記念に購入するのもいいですね。
18円切手は全国の郵便局や、Webサイト「切手SHOP」でも通信販売をしています。


だそうです。

わたくしごとで恐縮ですが、20年来の仏人の友達がいますが、つい先日はがきを送ったばかりです。
わざわざ郵便局に行って、『これ、フランスに送りたいんですけど..』って言って。
でも、国際郵便はがきって、航空便なら70円、船便なら60円と定額なので、その金額の切手を貼ってれば、普通にポストに投函できちゃうんです..._| ̄|○...早く教えてほしかった。

ただ、国際郵便はがきを出すにはちょっとしたルールがあるようです。
”post card”と明記しないといけない。
はがきは横にして使用。

などなど...詳細は日本ゆうびんのサイトをご覧ください。
post@sayopee.netというサイトにきれいにまとめられているので、そちらも参考にどうぞ。

【関連記事】

これ、公開しちゃっていいのかしら...簡単に手に入る”アレ”でスペアキーが作れちゃう、件

知らなんだ...商売に活かして!と気象庁が膨大な気象データ公開中『気象リスク管理』

Σ(`Д´ )マジ!?か...手についた油も、アレを使えば速攻きれいになるらしい!

手間だけど自分でできる、エアコンクリーニングの方法

経産省が公的にトイレットペーパー備蓄を切に勧める理由

東京防災のサイトがお役立ちすぎる、ぐらいよく出来ている件








posted by ケイエフ at 13:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック