2015年12月02日

地域によっては二重課税じゃないの?森林環境税を創設へ 温暖化対策に活用、政府・与党調整


藍川芥 aikawake / VisualHunt / CC BY-NC-ND


確か自治体レベルではすでにやってるところがありますよね?
あら?大阪もあったんじゃなかったでしたっけ?

朝日新聞digitalの伝えるところによりますと、政府・与党が、温暖化対策として森林の整備を進めるため、新たな税を創設する方向で調整に入った、と伝えています。

記事によりますと、新税は「森林環境税」(仮称)で、国税とし、与党内の議論では、市町村が徴収する個人住民税に上乗せする形で国民から広く薄く徴収し、それを国から市町村に渡して、市町村が独自の森林整備事業に使う仕組みを検討している、そうです。

もしこれが成立したら、自治体レベルでやってる森林税みたいなのは、廃止してくれるんですかね?というか、この時点で各自治体が独自でやってる森林税のことは把握済みなんでしょうか?
(もっとも、個人的に上記で述べた税が、各自治体で成立したのかどうか、確認はしてないんですが^^;)

先日、『雇用増、消費に直結せず 「非正規」多く賃金上昇限定的 』と景気の悪いニュースが流れてましたがその上、また増税という話になると、どんどん消費が冷え込むのではないかと...

森林をちゃんと管理しないと、土砂災害の元になったりするので、大事なことではあるんですが地方と国が同じような名目でダブルで税金を徴収するようなことはやめてほしいです。(T_T)

【関連記事】

また増税!?...大阪府、森林環境税導入検討(2014)

横浜市『みどり税』継続に課題も...(2013)


(株)ケイエフのEG植栽パック





posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック