2015年12月11日

もうエアとか言わせない!音が出るエアギター、kickstarterで資金調達中




近年、楽器が弾けなくても、大会ができちゃうほどの大盛り上がりなエアギター。
言わずと知れた、ギターの形態模写なわけですが、そんなエアギターで音を出してしまうガジェットが現在kickstarterで資金調達中だ、とkotakuで紹介されています。

そのガジェットとは、『Kurv Guitar』。

亀の甲羅っぽいアイテムを左手に持ち、かなりデカ目で分厚い三角形のピック様ガジェットを右手に持って、エアギターしてみたら、見事にギターサウンドが再現される、というシロモノ。

動画でみてもらったほうが解りやすいですね。どうぞ。動画は3分ほどです。



左手側のパッドには8つのボタンがあり、ボタンを押さえると割り振られた音が鳴るという仕組み。単音、和音、ビブラートも表現でき、音色もエレキ、アコギ、ベースの3種類が用意されています。『ギターフリークス』のボタンが多い版みたいな感じでしょうか。

と記事では説明されています。
MIDIにも対応してるんだとか。

楽器が弾けないヒトもギタリストもベーシストも、いつでもどこでもお手軽にギターが弾けちゃうのは、よいですが、ギタリストの場合、4フレぐらいあるボードのほうが練習になっていいかも、ですね。

ただ、電車の中でこれをやるのはちと、ハズいですが...(^_^;)
120ポンド(約2万強)投資すれば来年9月頃には入手できそうです。

【関連記事】

この技術は色々使えそう!『渦電流』で発電するちゃりんこライト【NEO】

究極の懐中電灯!...しかし、あとひと超え...体温で発電する『Lumen』

災害時にも役立ちそう...防弾チョッキ素材の素足感覚5本指ソックス『FYF Socks』

さすがチャリンコ王国オランダ、駐輪場で一発で自分のチャリを見つけるガジェットを開発『PingBell』

今度こそマスター!ケーブルを絡まないようにまとめる技 2つ







posted by ケイエフ at 13:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック