2015年12月25日

安全性が確認されれば...除染で出た土を建設資材に 環境省がモデル事業


Photo credit: Atsushi Boulder via Visualhunt.com / CC BY-SA


安全性とコストによるかも、ですね。

NHKニュースの伝えるところによりますと、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う、福島県内の除染で出た土などの処分を巡って、環境省は来年度から土に含まれる放射性物質を除去したうえで、建設資材などに再生利用するモデル事業を始めるとする方針案を明らかにした、とのことです。

記事によると、来年度から土に含まれる放射性物質を除去する技術の実証実験と、道路や防潮堤などを作る公共事業の建設資材として土を再生利用するモデル事業を始める、とのことなので、まだ先の話になりそうですが、使えるものであれば大助かりかもですね。

こういうの、放射性物質を取り除く過程で土の成分への影響とかはどうなんでしょ?
なんか、難しい化学式が一杯出てきそうな話で、素人からするとその過程で化学変化とか発生しそうなイメージを持ってしまうのですが...

除染がらみで、もうひとつ、生活圏から離れた森林 除染しない方針固める(NHK)、というニュースも流れてます。

こちらは、落ち葉なんかを処理しちゃうと、土砂が流出する元になるかも、だからだそうです。
このあたりは、痛し痒しという感じですか。
ただ、山に入って仕事される方にはちょっと詳しい話を聞きたいところですかね。

【関連記事】

地球最硬の物質誕生!...ダイヤモンドより硬い物質開発 米ノースカロライナ州立大学

すごい素材だけど...そこに使っちゃ^^;...海水をどんどんきれいにするビキニ、開発

素材の99.99%が空気!?...でも強い、ボーイング社開発の世界最軽量金属構造体『マイクロラティス』がすごい。

汚染大気分解?...大気汚染解消セメント発売、イタリア

災害時にも役立ちそう...防弾チョッキ素材の素足感覚5本指ソックス『FYF Socks』

コンクリートはもう不要か!?空気中のCO2から炭素繊維を合成する技術が発表される。

バクテリアってすごいな...自然治癒力を持つコンクリート開発中

のり面緑化も視野に...木毛板で植物栽培実験 南稜高生



(株)ケイエフのクラック抑制ポリプロピレン短繊維 タフライト





posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック