2016年01月07日

ブラジルでも、日本でも...落石ニュースが目立つ年初。




年始早々えらいことになってますね...こりゃ、怖い。

サンパウロ新聞の伝えるところによりますと、エスピリト・サント州ビラ・ベーリャ市で1日、市内のボア・ビスタ丘から岩塊が崩れ、下方のサン・トルクアト地区に転がり落ちる事故が発生した、とのことです。これにより、同地区の212家族計733人が立ち退き避難している、と記事は続けています。

上記の画像が記事よりキャプチャさせて頂いた現地の様子ですが、採石場か!?と思うぐらいゴロゴロですね。(T_T)

ブラジルといえば、日系人が多いことでも有名ですが、日系人はおろか、この落石で死者がひとりも出ていない、とのことです。
ほぉ...奇跡的ですね。

一方日本でも、西日本新聞の伝えるところによりますと、熊本県の阿蘇高岳の頂近くに推定4トンはあろうという大岩、通称「たまご岩」が、地盤の浸食が激しく、落下や崩落を心配する声がある、と記事が伝えています。

こちらはまだ落ちたわけではないようですが、注意喚起はしているものの、対策は今のところ見守り状態、のようです。

うーむ、早いとこ撤去なり破壊なりしたほうがいいんじゃないでしょうか...
破壊するなら、NRCで!(^^)

今年は暖冬なので、日本では太平洋側では穏やかな天候のようですが、日本海側は割りと雨or雪になっているようです。地盤の緩みなど注意が必要ですね。


【関連記事】

結構でかいですね...伊那の国道で、20センチのモルタル片?落下(2015)

縁起よくないですね...二度の崩落でお墓計5基落ち、なお崩落続く(2015)

拒否って何...山岳救助費用の支払拒否対策に書面導入、今年は60件中6件が未払い(2015)

2m超えの岩!?...弘法大師修行の地 御厨人窟で落石 高知(2015)


(株)ケイエフのロックボルト関係部材 六角軸ビット





posted by ケイエフ at 08:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック