2016年01月13日

ナイスアイデア!ジビエを缶詰にして防災食に! 大阪府大


Photo credit: stevendepolo via VisualHunt.com / CC BY


おぉ!これは目からウロコ...獣害処理が捗りますね。(^^)

高知新聞の伝えるところによりますと、高知県など全国で捕獲数が急増中のシカの有効活用を研究している大阪府立大学の黒川通典講師(栄養学)らが、シカ肉を使った災害時の備蓄用缶詰を開発した、とのことです。

記事によりますと、食物アレルギーの原因になりにくいシカ肉の特性に着目し、アレルギーを起こしやすい「特定原材料」も一切使っていない、と記事は続けています。

これはいい発想なんじゃないですか?
保存は大丈夫なんでしょうか?アレルギーを起こしにくい、というのもいいですね。

保存をうまく出来るなら、どんどん缶詰にしちゃえばいいんですよ。いざというときの食料確保が容易になりますね。

【関連記事】

これ、公開しちゃっていいのかしら...簡単に手に入る”アレ”でスペアキーが作れちゃう、件(2015)

これ、ジビエ、なの?^^;...ちょっと変わった肉が入ったおせち(2015)

鹿が...ほんとに困ったもんですニュースあれこれ(2015)

奈良公園の鹿は売店を襲わないのか??(2015)

獣害はこんなところにも...話題のMERSより怖いSFTS、という感染症をすでに国が懸念してる件(2015)

こりゃ、獣害対策難しいわ...鹿の能力をご覧ください。(2015)

シカ肉、結構怖い...ジビエ肉に寄生虫、高確率で感染(2015)


(株)ケイエフの法面のシカ・イノシシ侵入防止柵 シカ矢来





posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック