2016年01月15日

知らなんだ...災害特化の救助訓練施設完成 全国初 堺市の警察学校




へぇ...知りませんでした^^;。すごい近所なのに...

産経Westの伝えるところによりますと、自然災害が発生した際の人命救助に必要な技能向上を目的とした訓練施設が近畿管区警察学校(堺市北区)に完成し、報道陣に8日、公開された、とのことです。

記事によりますと、自然災害に特化した警察の複合的訓練施設は全国で初めてで、さらに記事には詳細な説明があります。
地震、土砂・火山、水害の災害別に訓練エリアを設定。倒壊した木造家屋を再現する組み立て式の施設や人工的に水流をつくり出すプール(深さ約2メートル)、階段に水を流し地下街が浸水した状況をつくり出す装置など、計12種類の訓練設備を備える。ヘリコプターでの救助などを想定した「高所訓練ゾーン」や、国内の土砂や火山灰の性質を学ぶ「学習ゾーン」もある。

ほぉ...すごいですね。
これで少なくとも堺市民の、災害発生時の生存率はアップしますね^^;。

4月から本格稼働だそうで、将来的には、自衛隊や消防との合同訓練も行いたいと、近畿管区警察局の道家利幸・災害対策官がコメントしているそうです。

弊社から車で5分程度のところですよ、ここ。(^^)
上記画像の背景に見えているツインタワーの前に弊社は位置します(^^)

悲しいかな、堺市は南海線の堺駅近辺の開発にチカラを入れて、JR堺市駅周辺とかちょっと離れますが、地下鉄新金岡駅近辺とかってあまり開発されてないので、ホテルとかないんですよねぇ...全国から視察に来られる際は宿泊に困りそうです^^;。

ま、警察とか自衛隊とかだとヘリで来るからいいのか?(≧m≦)ぷっ!
あの界隈もちょっと賑やかになりますかね。

動画があるのでどうぞ。



【関連記事】

ナイスアイデア!ジビエを缶詰にして防災食に! 大阪府大

【コンセプトデザイン】やっぱロシアだ^^;...就寝中に地震が発生しても守ってくるベッドのコンセプトあれこれ(2015)

タイヤは丸いものと誰が言った?Airtrax車のタイヤがすごい!(2015)

これは是非ペーパークラフト化してほしい!災害時にも役立ちそうなORTASさん考案の袋麺スタンドがすばらしい(2015)

ちょっとかっちょいいぞ!フック付きワイヤー射出で高所へ登る!アサシンクリードの装備を自作した男(2015)

究極の懐中電灯!...しかし、あとひと超え...体温で発電する『Lumen』(2015)


(株)ケイエフの安全具





posted by ケイエフ at 08:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック